定期的に利益をあげることができるビジネスモデルとして「サブスクリプション」が、様々な業界で取り入れられている。しかし、デロイトの調査によると、米国では47%の人がサブスクリプションサービスの多さにより、「サブスクリプション疲れ」を見せていると発表している。このような現象が見られる米国では、次の5点をサービスに取り入れることが重要だとEconsultancyでは述べている。

慎重に料金を設定する

料金設定は、サブスクリプションサービスを成功に導くために重要な要素である。例えば、Netflixでは何年も値上げを行ってきたが、競合が増えてきたこともあり、値上げが悪影響を及ぼしている。

必ず必要なものを提供する

サブスクリプションサービスにする理由は、定期的に受け取る必要があるものだからだ。例えば、「Dollar Shave Club」のように男性用に髭剃りグッズを定期的に配送するのは、その代表例だ。

リーズナブルにアクセスできる

サブスクリプションサービスは、ただ必要なものを提供するだけではない。普通では買えないようなサービスにアクセスすることが可能だ。例えば、「Rent the Runway」や「Ipsy」などの洋服、美容コスメのサブスクリプションサービスだ。このサービスを使うことで、普段では頻繁に取り替えられない洋服やコスメを楽しむことができる。

もちろん提供する商品やアイテムはトレンドである必要があるが、必要とされるものであればサブスクリプションサービスを成功に導くことができる。

解約率を下げる

新規ユーザー獲得にはお金がかかるため、新規獲得から登録者を維持する戦略を打つことも重要。そのために、まず登録者を年齢や購買行動などをもとにグループ分けをして、パターンを分析する。例えば、定額制動画サービスで子ども向けコンテンツが魅力となっていることがわかれば、子ども向けコンテンツに投資をすることで解約率を下げることができる。

他のビジネスモデルも試す

サブスクリプションサービスは、必ずしも月額課金制である必要はない。例えば、パーソナルスタイリストサービス「Stitch Fix」では、2〜3週間、1ヶ月、2ヶ月、4ヶ月など配送頻度をカスタマイズできるようになっている。スタイリング費用がかかるが、欲しい服は25%の割引で購入ができ、その他は返品できるようになっている。