アマゾンが買収した防犯カメラのBlinkから、ホームセキュリティーとして使える屋内監視カメラ「Blink Mini」がリリースされた。

アマゾンにて35ドル(2つで65ドル)で先行販売されており、数週間後にリリースされる予定。

Blink Miniは、ミニ版の監視カメラだが必要な基本機能がすべて揃っている。映像の解像度は1080Pで、モーション検知機能や赤外線ナイトビジョンが搭載されている。

また双方向のオーディオ機能もあり、内蔵されたスピーカーからBlinkアプリを使う友人・家族同士で会話をすることも可能。

さらにこれまでのBlink製品と比べ、「Blink Mini」は完全にワイヤレスであり、バッテリー寿命が長いため電池交換の心配も不要。スマートスピーカー「Echo Show」などAlexa搭載デバイスと同期することで、ライブ映像を観たり、監視カメラのON/OFFを操作することができる。

録画映像を保存するには、クラウドストレージ「Blink Plus」を使うことができる。クラウドストレージは定額制で、月額3ドルまたは年間30ドルで利用することが可能。

アマゾンは、今年の下旬に「Blink Syncモジュール2」をローンチする予定で、これにより映像ファイルをローカルに保存できるようになる。カメラと同様35ドルかかるが、最大10個のBlink Miniに繋げることができる。