Amazonの生鮮食品をオンラインで購入してデリバリーができるサービス「Amazon フレッシュ(Amazon Fresh)」が、従来月額14.99ドルであったのが、プライム会員向けに無料で提供を開始した。月額12.99ドル(年間119ドル)のプライム会員に加入しているAmazonユーザーは、「Amazon Fresh」と「Whole Foods Market」のデリバリーを無料で受け取ることが可能。

しかし無料デリバリーを利用するには、Amazonが定める最低額をクリアする必要がある。ほとんどの場所では、最低でも35ドルの買い物をした時に適用されるようになっており、ニューヨーク市では最低額は50ドルとなっている。現在、Amazon Freshは米国の2,000都市にて利用可能である。

今回の動きは、同じように食材無料デリバリーの提供を始めた、米国大手スーパーチェーン「Walmart」や「Target」に対抗する狙いがある。Walmartでは、月額12.95ドル/年間98ドルの無制限無料デリバリーサービス「Delivery Unlimited」を始めており、Targetでは年間99ドルの「Shipt」サービスに登録した35ドル以上の買い物に対して無料デリバリーを提供している。

年間料金で見ると、Amazonプライム会員のほうが20ドルほど高くなっているものの、Amazonプライム会員はプライム動画や音楽、Twitch Primeなどそれ以外の特典が豊富にあることから、さらに無料デリバリーが加わり魅力が増えたと言えること間違いない。