先日のアップル(Apple)新サービスお披露目会で発表された「Apple TV+」と「Apple News+」に追加して発表されたのが、新しいゲームサブスクリプション『Apple Arcade』である。詳細についてはその他のサービスより説明はされなかったものの、多額の投資資金が注ぎ込まれる予定である。

Financial Timesによると、アップルは5億ドル(約560億円)以上の予算を今回の『Apple Arcade』のために確保しているという。

今年の秋に開始予定の本サービスでは、広告なし、オフライン環境で、アップル製品デバイスを使って限定ゲーム作品をプレイすることができる。定額制サービスなため、Apple Storeの人気ゲームのように、毎回ゲーム内課金されることなく、遊び放題できる。

アップルは「Apple TV+」にすでに10億ドル以上を注ぎ込んでいると報じられているが、ゲームサブスクリプションはアップルにとって新たな境地であり、『Apple Arcade』の限定ゲーム作品の開発に投資を行うことで、その地位を確立しようとしている。『Apple Arcade』では、新作の限定ゲーム作品100点にアクセスできるようになる予定だ。

また、アップルからの資金調達を受けることを希望するゲームアプリ開発者は、作品をGoogle Play Storeや他社のゲームサブスクリプションサービスでは公開できない。数ヶ月間アップル限定で公開したあとであれば、モバイル以外のパソコンやゲーム機などを対象にゲームを販売できるようになるという。

アップルでは、『Apple Arcade』用のゲームとして、巨額を投じて独占の大作を作るのではなく、独立系企業や個人が開発するインディーズゲームの開発に力を注いでいる。