Appleが3月25日に開催したイベント「イッツ・ショータイム」にて、「Apple News+」をはじめ、新サブスクリプション・サービスがいくつか発表された。そのうちの一つが、ゲームのサブスクリプション・サービス(定額制サービス)である「Apple Arcade」である。

ソニーやマイクロソフト、グーグルなどが提供している、クラウドを使ったゲームストリーミングサービスとは違い、「Apple Arcade」では各ゲームをApple Storeからインストールができるようになっている。

すでにApple Storeでは、ゲームをダウンロードする人の数が10億人を達しており、ダウンロードできるゲーム数も30万件を超えている。今回アップルは、このApple Storeのゲームを「Apple Arcade」に取り入れるだけでなく、「Apple Arcade」限定のゲーム100作品を追加する予定である。

「Apple Arcade」のゲームは、iPhoneだけでなく、iPad、Mac、Apple TVのアップル製品デバイスからアクセスできる。そのため、ゲームを途中で中断したとしても、違うデバイスから再開することもできる。ゲーム機能、コンテンツ、アップデートすべてが含まれており、ゲーム内の広告も表示されないようになっている。

今回「Apple Arcade」でプレイができるゲームの内容については、一部が公式ホームページにて公開されている

アップルは今回、「Apple Arcade」のために新作ゲームを集めているだけではない。アップルでは、ゲーム開発を手がけるデベロッパに利益をもたらすため、グーグルが展開する独自のゲームスタジオのようなものを目指している。

「Apple Arcade」は、2019年秋に150か国以上にてサービス開始予定とされている。具体的な料金設定については公開はないものの、6人まで登録可能なファミリープランがあることは発表されている。また、Apple Arcadeのデベロッパに興味がある人は、ローンチ前に公式ホームページから申請できるようにもなっている。