今年の3月にAppleに買収された、定額雑誌読み放題サービスとして知られる「Texture」をご存知だろうか。月額10ドルの支払いで、提携先の雑誌や新聞コンテンツを読み放題できるサービスである。

Appleとの統合により、今後はApple内で同様のサービスである「サブスクリプション型ニュース購読サービス」の提供を計画している。Apple Newsのプレミアム会員用として、このサブスクリプションサービスを展開する予定で、現在もっと画面で見やすい仕様にするため「Texture」をリデザイン中だという。

また現在Appleは、大手出版会社であるNew York TimesやWashington Post、Wall Street Journalとサービス提携を結ぶために動いている。これらの会社も独自のサブスクリプション型購読サービスを展開していることもあり、Appleと提携を結ぶことで購読会員を失うのではという懸念もあり、まだ決定には至っていない。

Appleは「Texture」が持つ既存会員のボリュームを武器にこれからの会社を取り込もうとしている。Appleが買収した時点で、Textureには20万人の会員が存在している。

Appleは今回の「サブスクリプション型ニュース購読サービス」は、Apple Musicと同様の成長を期待できるとしている。Apple Musicの会員は現在5000万人を超えている。Apple Newsだけでも、すでに9000万人のユーザーが使用していることもあり、正しいマーケティング戦略を選ぶことで、大きなインパクトを期待することができるであろう。

Appleは既存のApple Musicに加え、このApple Newsと動画配信サービスのローンチを計画していることもあり、Apple内ですべてのサブスクリプションのサービスを使用できる日も近いかもしれない。