映画見放題サブスクリプションサービス「MoviePass」が、収益不足で失敗に終わったと思われながらも、その概念を引き継いでその他のサービスも同類のサブスリプションサービスを提供し始めている。競合のSinemia、AMC Stubs A-List、 Cinemark Movie Club、その他にもInfinityが今年の秋にサブスリプションサービス提供を予定していることが最近発表された。

そのリストに今回付け加えたいのが「Atom Tickets」である。Atom Ticketsは、映画館側が独自のサブスクリプションサービスを作ることができるプラットフォームである。

このアイデアは、映画館側が自分のビジネスに合ったビジネスモデルを選択できるように、その技術サポートをしたいというAtom Ticketsの願いが込められている。

この新プラットフォーム『Atom Movie Access』は、北アメリカで利用が可能で、オンライン上で映画券の予約ができる。サブスクリプション会員は、事前に映画館の席を予約したり、友達を招待することができ、すべてがアプリ上で行われる。

またAtom Tickets側が、支払い処理、カスタマーサポート、不正な行為の検知を行う。特にこの不正な行為の検知に関しては、MoviePassでは20%のユーザーがサービスを不正に利用していたことがサービスの失敗に繋がったことから、大変重要だと言える。

さらに、アプリ内ではクーポンで無料で1つのチケットを購入し、招待した人の分をチケットを全額で支払うなど、複雑な支払いもこのアプリ上で一気に行うことができる。またプラン形態も個人用からグループ用、また標準プランからプレミアムプランなど、様々な設定も可能だという。

料金に関しては詳細は発表されていないものの、Atom Ticketsは今後プラットフォームを利用してもらえる映画館を応募するとしている。