バナナ・リパブリック (Banana Republic) では、女性を対象に洋服のサブスクリプションサービス「Style Passport」を開始する予定だ。本サービスは9月に米国でローンチ予定で、ローンチ後に男性を対象にしたサービスを開始する予定である。

今回のレンタルサービスにより、ユーザーはバナナ・リパブリックの幅広いコレクションにアクセスができ、新しいユーザーを呼び込むことを狙いとしている。また、環境に優しい素材を使うことで、環境に考慮したファッションビジネスにも注力している。

今回の「Style Passport」では、できるだけ少ない洋服を所有しながら、定期的に洋服のレパートリーを交換することができる。このサービスは月額85ドルで利用ができ、3着の洋服を無料配送で受け取ることができる。受け取った洋服は無制限に返却、交換でき、クリーニングサービスも行っている。

バナナ・リパブリックでは、レンタルプラットフォーム会社「CaaStle」と提携を結んで、今回のレンタルサービスをローンチする予定である。さらに同社では、2019年の秋にオンラインから注文をして、店頭に受け取る方式 “Buy Online, Pick up In Store” を開始する予定でもある。