アリババが出資するインドのネット通販最大手「BigBasket」は、日用品などのデリバリーを行う競合会社「DailyNinja」を買収した。

DailyNinjaは、果実や野菜などの新鮮な食材、牛乳、パン、卵などの宅配を行っている。

BigBasketは今回の買収により、DailyNinjaの牛乳配達サービスの11万人ユーザーと、2千人の牛乳配達人のリストを獲得できることになる。

BigBasketでは、独自の牛乳配達のサブスクリプションサービスを展開しており、今回の競合買収はサブスクリプションビジネスを拡大するためには欠かせないとしている。

過去には、同様に牛乳配達サービスを展開するスタートアップ会社「RainCan」や「Morning Cart」を買収するなどして、牛乳配達のサブスクリプションサービスの強化を行ってきた。

さらには、AIが搭載されたお菓子の自販機をつくったことで知られる、インド最大級の小売メーカー「Savis Retail」の経営権も獲得している。

BigBasketは、グロサリー(食料雑貨)分野で様々な企業と競合している。競合会社には、SoftBankやTiger Globalが出資する食料品大手「グローファーズ(Grofers)」、アマゾンの同様サービス「Amazon Fresh」「Amazon Pantry」、Eコマース大手「Flipkart Supermart」などがある。

インドでは、オンライン食品・日用品デリバリーの市場シェアはそこまで大きくない。しかし、2019年には60%の年平均成長率があり、2020年には87億ドルまで伸びると予想されている。