2017年にシドニーで創業されたスタートアップ会社「Bolt Bikes」は、米国と英国の電動バイク市場に参入し、インターネット経由で単発の仕事(ギグ・エコノミー)として配達をする人たち向けに電動バイクを提供するプラットフォームを開始した。

Bolt Bikesは、Maniv Mobilityやヨーロッパのe-mobilityファームのContrarian Ventures、UberやDeliverooの元幹部、個人投資家らによるシードラウンドにて250万ドル(約2億7000万円)の資金調達に成功し、サービスを拡大させている。Bolt Bikesの創業者は、Deliveroo とMobikeの元幹部であるMina Nada(ミナ・ナダ)と、Bain & Coの元幹部であるMichael Johnson(マイケル・ジョンソン)氏である。

Bolt Bikesでは、シドニーやオーストラリア、サンフランシスコ、ロンドンにて車両サービスを含む柔軟なサブスクリプションサービスを展開。電動自転車の販売も行っているが、電動自転車をビジネス向けに貸し出しするサービスをメインに提供している。現在、電動自動車は、週単位の契約で39ドルでレンタルすることが可能。

Bolt Bikesが提供するプラットフォームでは、電動自転車からフリートマネージメント、そして支払い・サービス提供までを行っている。サブスクリプションサービスの登録者は、電動自転車に24時間アクセスすることができ、充電器、携帯ホルダー、USBポート、U型の鍵、安全管理などのサービスもプランに含まれている。

現在、Bolt Bikesでは車両を増やし、米国や英国、そしてオーストラリアのより多くの都市へとサービスを拡大することを狙いとしている。