英国発のオーラルケアサブスクリプションサービスである「Brushbox」が目標の50万ポンド(約7000万円)の資金調達を確実にしており、その資金は、株式型クラウドファンディングのCrowdcubeを通して70万ポンド(約1億円)近くまでに上っているという。

2017年創業のBrushbox は、英国で一番最初のオーラルケアサブスクリプションボックスである。2018年一月までに3千箱を英国全土に配送しており、Dentaidとの提携で行う「Buy 1, Give 1(1本買って、1本寄付しよう)」の取り組みを通してこれまで5千本の歯ブラシを寄付している。

またBrushboxの歯ブラシのすごいところは、100%再利用可能な素材でできていること。

今回の調達した資金は、Brushboxでの重要役職の採用、商品種類の拡大、そしてDentaidとの取り組みを英国全土に広げることに使われる予定である。

同様サービスの、米国発電動歯ブラシサブスクリプションサービスの「Quip」が気になる方はこちらから。