美容コスメやファッションを中心に人気な「サブスクリプションボックス」。中でも、CAUSEBOXのサブスクリプションボックスは、環境や社会に配慮したアイテムを届けるユニークなサービスを展開してる。

CAUSEBOXは2014年に創業され、 認定Bコーポレーションとしても知られる会社。CAUSEBOXのサブスクリプションボックスは、6〜8つの環境に配慮したアイテムが箱に入って3ヶ月に1回送られるサービスで、アイテムの中にはミレニアル世代が使うような健康グッズ、アクセサリー、美容用品、芸術作品、アパレル、インテリアなどが含まれている。

また箱の中には、アイテム商品を手がけたアーティストについて紹介した紙版・デジタル版マガジン「Good News」も一緒に同封される。

登録者は4ヶ月に50ドルの支払いをすることでサブスクリプションボックスを受け取ることができ、中身のアイテムの価値は1つの箱につき200ドルもするという。

環境や社会に配慮したアイテムを届けるサブスクリプションボックスを展開するためにも、周りへの認知向上と教育が欠かせない。小物アイテムやアクセサリーを買うとき、必ずしも多くの人が環境や社会に配慮した買い物をするとは限らない。近くにある同じくらいの値段のものを買う方が便利だったりもする。

そのため、CAUSEBOXでは、美容コスメのサブスクリプションボックスでも取り入れられている「テスターモデル」(従来よりも小さめのテスターサイズの商品を送ることで、ユーザーに商品を試してもらい、フルサイズをそのあと購入できるようにするサービス)を採用し、環境や社会に配慮した商品を提供するブランドについて知ってもらう機会を提供している。