コカ・コーラ(Coca-Cola)では、2020年の新商品ドリンクを誰よりも早く試せる、新しいサービスを限定1,000人に提供することを発表した。

同社が開始した新サービス「Coca-Cola Insiders Club Monday」では、最初に登録をした1,000人は「インサイダー」として、まだ市場に出ていない20種類以上の新商品ドリンクを先取りして試すことができる。

ジョージア州アトランタで誕生したコカ・コーラは、世界でも有名な飲料メーカーで、200カ国以上でおおよそ3,900種類の商品を提供している。

1月からスタート予定の新サービスでは、コカ・コーラブランドの「スパークリングウォーターAHA」から「コカ・コーラ エナジー」までの種類のドリンクを6ヶ月間受け取ることができる。月額10ドルを支払うプランと、6ヶ月プランをまとめて支払う50ドルプラン(月額プランよりも10ドル分お得)がある。

今回の限定新サービスは、期間限定で販売され成功を収めた「コカ・コーラ・シナモン」の事例をきっかけに始まった。売上やフィードバックが好調であれば、本サービスの期間を6ヶ月以上に伸ばす予定である。