世界No.2アパレルブランドであるH&Mの姉妹ブランド「COS(コス)」が、中国の月額制洋服レンタルサービス ”YCloset” と提携を結んで、洋服のレンタルビシネスに参入することを発表した。

バナナ・リパブリック (Banana Republic) やブルーミングデールズなどのブランドと並んで、H&Mの洋服アイテムが、3ヶ月の無料トライアル期間つき月額制洋服レンタルサービスで利用が可能となる。ファストファッションが環境に与える悪影響を受けて、環境に配慮するユーザーの間で洋服のレンタルサービスが話題となっている。

H&Mでは先週に、特定のアイテム限定で独自のレンタルサービスの展開も始めたばかりでもある。さらに、最近ではCOS(コス)やアーケット(ARKET)などの新ブランドも打ち出すなど、新しい試みも行っている。

また、COS(コス)のような高級ブランドでも、YClosetのプラットフォームに商品を提供することで、新たな消費者のニーズやビジネスモデル、そして分野を開拓することにつながり、長期的なビジネスの展開につながると期待も高まっている。

H&Mによると、「YCloset」は1,500万人もの登録ユーザーを持つ中国最大ファッションレンタルサービスだという。洋服単位ではなく月額費で洋服をレンタルすることができ、気に入った商品はそのまま購入できるビジネスモデルをとっている。