スポーツ専門動画配信サービス「DAZN」が、中国最大テクノロジー企業「ファーウェイ(Huawei)」と3年契約の提携を結び、スペインのスポーツコンテンツをHuawei端末で配信することを発表した。

2019〜2020年シーズンのMotoGP世界選手権からMoto2、Moto3、そして電動バイクシリーズ(MotoE)のライブ放送を、ファーウェイ端末のDAZNアプリから視聴することができる。

この契約では、プレミアリーグ、英国サッカー、ヨーロッパバスケットボールの試合配信も含まれており、すでにDAZNより今年初旬からスペインで提供が始まっている。

また今回より、MotoGP専門のスマートフォンの壁紙を使って、カスタマイズもできるようになり、このサービスは月額4.99ユーロから利用が可能である。

DAZNは、これまで大きくブランディングを変えた商品・サービスを提供してきている。その一つが、3万以上のライブ放送を見放題できる新しいプラットフォーム「DAZN Connect」のローンチである。また昨月には、「DAZN+」での新しいスポンサーと広告プログラムも開始しており、プラットフォーム上での収益拡大にも乗り出している。