「アクアマン」「バットマン」「ワンダーウォマン」などでお馴染みの、世界のスーパーヒーローを生み出す「DCコミックス」作品が、今後アマゾンのサブスクリプションサービスでアクセスが可能となった。

作品が追加されたのは、comiXology Unlimited、Kindle Unlimited、Prime Readingの3つのアマゾンサブスクリプションサービスで、これらの作品に追加料金が発生せずに読み放題となる。

DCコミックスでは数ヶ月前に独自のオンラインストリーミングサービス「DC Universe」を開始したばかりで、そちらでもオンライン上で漫画や動画などのコンテンツに無制限でアクセスできる。

発表内容によると、何千ものDCコミックス単行本や全集、グラフィックノベルの作品がcomiXology Unlimited内で読むことができるようで、特にサンドマン、ウェッチメン、プリーチャーなどの「ファンから大人気のDC社のインプリントヴァーティゴ限定作品」まで含まれている。

comiXology Unlimitedでは、2万冊以上の有名出版会社からのコミック・漫画を月額5.99ドルで読み放題できる。また単行本の中には一冊ごとに料金が発生するものもあり、99セントから3.99ドルで購入が可能である。

またKindle Unlimitedの会員も同様に厳選された単行本や全集、グラフィックノベルにアクセスが可能であり、Amazonプライム会員に付随したサービスのPrime Reading会員でもDC社のヴァーティゴからのグラフィックノベル作品を読むことができる。

マーベル・コミック、イメージ・コミック、ダークホースコミックス、講談社などの作品集だけに止まっていたcomiXology Unlimitedにとっては、今回のDCコミックスの作品追加により、サービスに新たな付加価値を加えてくれると期待される。DCコミックスの作品は市場でも28〜35%の割合を占めるほどの人気で、これまでアマゾンでは単独購入しかできなかったのが、今回のサブスクリプションサービスに登場したことで無制限にアクセスが可能となる。

コンテンツストリーミング配信サービスでは新たなサービスが台頭してきている中、今回のコンテンツ追加でアマゾンの存在感がさらに高まることになるであろう。