2019年11月12日からローンチ予定、ディズニーの新しい動画配信サービス「Disney+」(ディズニー・プラス)では、先行登録受付を開始した。

「Disney+」は、月額6.99ドルまたは年間69.99ドルで今から利用が可能。しかし、スポーツ動画配信サービス「ESPN+」とHulu(広告付きプラン)がセットになったセットプランは、11月12日のローンチ日を待つ必要がある。セットプランの月額料金は12.99ドルとなっている。

月額プラン(サブスクリプションプラン)は基本的に自動で更新されるが、更新日前であればキャンセルすることもできる。また、7日間の無料トライアル期間もついてくる。

「Disney+」はすでに、2年に一度のディズニーファンイベントD23で提供されたり、ベーター版がオランダで先行して利用が可能となっている。

また「Disney+」では、ローンチ1年目に25のオリジナル番組と10のオリジナル映画をリリースする予定だ。オリジナル作品には、スター・ウォーズの実写ドラマ『The Mandalorian』やディズニー実写映画『わんわん物語』などがある。