ディズニーは、動画配信サービス「Disney+」のヨーロッパでの年間料金の特別価格を公開した。

ヨーロッパでの「Disney+」のローンチを3月に控える中、年間サブスクリプション料金が£59.99 / €69.99(約8,400円)から£49.99 / €59.99(約7,200円)になる。

この特別価格は、どうやら期間限定のようだ。特別価格で登録するためには、サービス開始の3月27日までに登録が必要となる。

この特別価格は、人気動画配信サービス「Netflix 」と比べるとどうだろうか。英国では、Netflixのベーシックプランが年間£71.88(月額£5.99)であることを考えると、年間プランに登録するとDisney+の方が安くなる。一方で、Disney+の月額料金は、Netflixと同じ£5.99である。(月額料金の割引は現在のところない)

Disney+は、昨年の11月に米国、カナダ、オランダに先行サービス開始をしてから話題を集めている動画配信サービス。

その後も、オーストラリアやニュージーランドにもサービスを拡大している。ディズニーでは、第一四半期にDisney+の有料登録者数が2,650万人を超えており、そのうち20%はVerizonユーザーのプロモーション経由だという。

ヨーロッパでは今後、英国、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストリア、スイスでサービスが開始される予定。

これは、「スター・ウォーズ」の実写版ドラマ『The Mandalorian』と最新版「わんわん物語(Lady and the Tramp)」の公開日と合わせてのローンチ。今年の10月には、南米にもサービスが拡大される予定だ。