犬の代行デイケアサービスといえば、米国では「Wag  Hotels」や「Rover」などが知られているが、新しく「Dogdrop」というサービスが9月からロサンゼルスで始まる。「Dogdrop」では、柔軟なケアや料金帯を飼い主に提供することを狙いとする。

同サービスは月額の会員制で、飼い主はいつでも自分の犬を預けたり、引き取りができる。全日以外にも、時間制のプランも選ぶことが可能だが、その場合でも月額の会費制に登録する必要がある。

月額料金は20ドル〜で、3時間のデイケアと、ワークショップ料金10%引きの特典がついている。一番高いプランは月額800ドルで、無制限のデイケアと、ワークショップ20%引きとなる。

前述したサービス「Wag Hotels」は、全日のデイケアが必要な人向けのサービスで、料金は午前7時から午後7時までの1日が46ドル、月額プランだと625ドルである。それと比較すると、「Dogdrop」は現代の忙しい人たちのライフスタイルに合わせた、柔軟で割安なサービスであり、需要も高いと考えられる。

「Dogdrop」の資金情報は明らかではないが、前にDogVacayを育てたインキュベーターScienceの出身である。1号店を9月にロサンゼルスにオープンし、翌年にはさらに店舗を増やす予定だ。