環境に優しい赤ちゃんのオムツを提供する「DYPER」から、業界初の堆肥に変えられるオムツがリリースされた。米国にて提供されているこのオムツ「REDYPER」は、汚れた後のオムツをそのまま堆肥にすることができる。

使用済みの紙オムツを堆肥化するのは昔から可能なことではあったが、REDYPERのサービスを使うことで手間を省けるだけでなく、(米国の場合では)ゴミとして埋めたてる年間200億個のオムツを減らすことができる。

REDYPERのオムツには、有害な化学物質や印刷原料、香料は一切含まれていないという。

REDYPERの定額制サブスクリプションサービスの加入者は、国連のHAZ MAT(ハズマット)に準拠したオムツが袋と一緒になって、箱に入って受け取ることができる。箱が使用済みのオムツでいっぱいになれば、DYPERのサイトから配送の手続きを行い、あとはその箱を送るだけ。

REDYPERによって処理された堆肥は、高速道路の中央分離帯にある木や植物などに使われるとのこと。