米国大手ゲーム会社「エレクトロニック・アーツ(EA Access)」から、膨大なEAゲーム作品を遊び放題ができる定額制サブスクリプションサービスが、今年7月からプレイステーションに登場する。(約5年前にXbox Oneをローンチしたマイクロソフトに遅れての今回のローンチとなる。)

現在Xboxが展開しているサービスと同様に、PS4用のEA新サービス「EA Access」は、月額4.99ドルまたは年間29.99ドルで利用が可能である。この新サービスでは、EAゲーム作品に無制限にアクセスができるだけでなく、EAゲーム単体で購入した時に10%割引を受け取ったり、EA新作ゲームの初期トライアルを試すことができるなどの特典もある。

「EA Access」はXbox OneのEA Accessとは別物であるため、すでにEA Accessの料金を払っている場合には、別途PS4用で「EA Access」の月額料金を支払う必要がある。

ソニーは、EA Accessを2014年にローンチしてから、プレイステーションファンに対して価値の高いサービスを提供できてこれなかったとコメントしている。またマイクロソフトのXbox Game Passのように、他メーカーからサブスクリプションサービスが展開されるようになり、ソニーはやっと同様の動きに乗り出した。

また、この「EA Access」がプレイステーション4で利用が可能であるかはまだ未発表である。Xbox Oneでプレイができる作品リストには、Xbox 360やオリジナルXboxからの古い作品が含まれており、マイクロソフトのコントローラーでのみプレイが可能であるという。