「Flux」の自動車サブスクリプションサービスが、マレーシアにてサービス開始となった。

「Flux」のプラットフォームでは、キアモーターズ、ホンダ、トヨタ、BMW、プジョー(Peugeot)、メルセデス・ベンツ、ボルボ(Volvo)など自動車メーカーの様々なモデル車体から好きなものを選ぶことができる。Fluxの自動車サブスクリプションサービスでは、これらの車体を1ヶ月から3年までの期間を選んで利用が可能。

現在、Fluxはクアラルンプール首都圏(クランバレー) にてコンシェルジュサービスを提供しており、車体の配送からメンテナンスなどを管理している。定額料金には、もちろん自動車税、自動車保険、メンテナンス費用などが含まれる。ユーザーはガス代と駐車代だけが別途かかるだけとなる。

提供する車体はほとんどが走行距離が少ない比較的新しいものだが、長く使われた中古車に関しては改造を加えて新車のような見た目となっている。走行距離などの情報は、車体ごとにウェブサイト上から確認することができる。

ウェブサイト上に記載されている料金は、3年契約の場合で、月額制や1年間の単位であれば料金は高くなるという。さらに、車体を予約した時には追加で79.5リンギット、そして1ヶ月分の保証金を最初に支払う必要がある。支払いはすべて、オンライン決済またはクレジットカードとなる。

さらに、実際に使って車に満足できなかった場合には、3日間トライアル期間がついているため、返却することも可能。そして同じ料金帯で似た車体をFlux側からオススメしてもらえる。

Fluxの一番の魅力は、車体の乗り換えの柔軟さだ。1ヶ月車体に乗ったあとであれば、違う車体に乗り換えができる。乗り換えをする時には、乗り換えをした車体の料金分を支払うようになる。