GeoZillaでは、(子ども、年配な両親、ペット)など大切な人の正確な現在地をトラッキングできるGPSトラッカーを定額制で提供している。

GPSトラッカーのダイヤモンド柄の前面には、3つのボタンがある。左側と右側のボタンを押すと、ボタンが押されたことを知らせるアラート通知が配信される。中央のSOSボタンを押すと、登録された電話番号に緊急アラート通知が送られる。助けが必要な時に、使える緊急ボタンだ。

GPSトラッカーは49.99ドルで、トラッカーを使用するためには月額4.99ドルまたは年間49.99ドル(または3年間プラン99.99ドル)のデータプランに登録する必要がある。さらに、30日間の全額返金の無料トライアル期間つきである。

GeoZillaのGPSトラッカーは、無料のGeozillaアプリを使って操作することが可能。Geozillaアプリは、トラッカーが登場する前からトラッキングツールとしてサービスを提供していたもので、今も単独でトラッキングツールとして使えるもののGPSトラッカーと一緒に使うことも可能。

Geozillaアプリは、Google Mapを使って現在地を確認することができる。さらに、特定のエリアをトラッカーが外れた際に、アラート通知を配信できる機能もついている。例えば、トラッキング対象者が家や学校などのエリアから出た際に、そのことを通知で知らせてくれる。

また、年間79.99ドルまたは4ヶ月49.99ドルのプレミアムサブスクリプションに登録することで、追加機能にアクセスすることも可能。プレミアムサブスクリプションでは、3週間のロケーション履歴を保存することができ、To Doリストや、各週の運転スピードレポートなどの機能も使うことができる。運転スピードレポートは、初心者ドライバーである子どもの安全を見守るために使うことができる。

トラッキング機能は、最近ではスマートフォンのアプリからもアクセスが可能。しかし、スマートフォンを使わない子どもや、認知症を患う両親、ペットなどの現在地を追跡するためにGeoZillaのGPSトラッカーを使うことができる。