Google(グーグル)の「Nest Aware」が最新の定額制サブスクリプションサービスを開始する予定を発表した。「Nest Aware」とは、カメラで家の中や玄関を監視できるクラウドセキュリティサービスで、これまで各カメラごとにサブスクリプションがついていたところを、来年から家全体で使えるサブスクリプションサービスを開始する。

このサービスでは、月額料金を支払うことで、家の全セキュリティデバイスで監視が可能となる。2つプランが用意されており、30日のイベント動画保存で月額6ドル(約700円)、そして60日のイベント動画保存と10日間の24時間動画保存ができる「Nest Aware Plus」は月額12ドル(約1300円)での利用となる。この両プランは、切り替えも簡単だという。

さらに、アップグレードされた「Nest Aware」では、「Nest Mini」や「Nest Hub」などのGoogleデバイスやスピーカーからアラーム通知を受け取ることも可能。デバイスのAIが犬の鳴き声や煙などを検知し、公式アプリ「Google Home」から通知を受け取るという仕組みだ。緊急時には、自宅にいなくても遠隔で110番通報することもできる。