競合他社であるUber Eats や DoorDash に対抗して、米大手オンラインフードデリバリー「Grubhub」は、新しく月額制サブスクリプションサービスを開始した。

この新しい会員プログラムは、月額9.99ドルで毎回の配達費が無料となる。配達費が無料になるのは、Grubhubのサイトやアプリ上で「GH+」がついているレストランのみである。

さらに、「GH+」がついているレストランから注文をすると、注文分の10%をキャッシュバックとして受け取れる特典もついている。さらに、Grubhubの特別カスタマーサポート、Grubhubの会員限定の特別特典、Grubhubのチャリティー寄付など、様々な特典にもアクセスが可能となる。

現在、月額サブスクリプションサービスは14日間の無料トライアルで試すことができる。また、他のオンラインフードデリバリーのサブスクリプションを試す人は、30日間の無料トライアルを受けることができる。

Grubhubが提携を結ぶ150校以上の大学に通う大学生であれば、無料で利用が可能だ。

すでに「Eats Pass」と呼ばれるサブスクリプションを提供している競合他社Uber Eatsでは、月額9.99ドルで配達費無料、15ドル以上の注文時に使える5%OFF割引を提供している。

DoorDash のサブスクリプションサービス「DashPass」では、同じ月額9.99ドルで、12ドル以上の注文で配達費が無料となる。