大手レンタカー会社「Hertz」は、新しい月額制サブスクリプションサービスを英国にて開始したことを発表した。

『My Hertz Weekend』と呼ばれる本サービスは、イタリアでのトライアルで成功を収めたことから、今回英国、フランス、ドイツ、スペインへのサービス拡大に踏み切った。コスパ抜群な新しい形の「自動車保有」として売り出している本サービスでは、木曜日から月曜日まで車を月額220ポンド(ロンドンでは275ポンド)から所有することができる。

車種は、大型自動車から中型自動車、そして小型自動車から選ぶことができ、取り扱いのあるモデルには「ボクスホール コルサ」「ボクスホール アストラ」「シュコダ・オクタヴィア」などが例としてウェブサイト上で紹介されている。

本サービスは、音楽やゲーム、動画、アパートメントなどを定額制で利用できる「サブスクリプション」に慣れている”借りる世代(Generation Rent)”を狙いとしている。

本サービスの利用者は、ヨーロッパ圏内の50カ所にて車をピックアップすることができ、木曜日の午後2時〜月曜日の正午まで借りることができるという。利用には初期費用はかからず、月額料金には無制限の走行距離(マイレージ)、盗難防止システム、対物事故免責額補償、自動車税などのコストが含まれており、返却するときにだけガソリンを満タンにして返すことだけを守れば追加料金もかからない。

特に、都市に住む人たちは平日は公共交通機関を使うが、週末には車を使いたいという人にとって本サービスは魅力的ではないだろうか。