料理キット(ミールキット)を提供する「ホームシェフ(Home Chef)」をご存知だろうか?定期食材宅配サービス(サブスクリプション販売)で、調理済みの食材とレシピがセットで送られてくることで、買い物や料理の手間が省ける、米国を中心に注目を浴びるサブスクリプションサービスである。

「ホームシェフ(Home Chef)」は、同様にミールキットを提供する「ブルーエプロン(Blue Apron)」、「ハローフレッシュ(Hello Fresh)」に次いで業界3位の規模となっている。

そんなホームシェフは、米国大手スーパーマーケットチェーンのクローガー(Kroger)に買収をされており、クローガー店舗500店に追加で「ホームシェフ(Home Chef)」のミールキットを販売を開始すると発表している。これにより、ホームシェフのミールキットは2,800店舗にて販売されることになる。このミールキットは、オンラインでも注文が可能で、自分の好みに合わせて中身をカスタマイズができる。

「ホームシェフ(Home Chef)」ブランドでは、現在もサブスクリプション販売を続けており、最近ではカスタマイズ機能を充実させ、ユーザー自身でボックスの中身の食材を変更したり、量を増やしたり、アップグレードした質の食材に変えることができるようになっている。これは、ユーザーからの声によって実現した新機能である。

2013年に創業された「ホームシェフ(Home Chef)」は、月間300万以上のミールキットを配達している。クローガーでは、Eコマース・デジタルを強化しており、「ホームシェフ(Home Chef)」を店舗で販売することで、リテールとオンラインの両者に幅をきかそうとしている。