「自由に動く」世代と言われる通り、ミレニアル世代の引っ越しや転職は他世代よりも多い特徴がある。  FiveThirtyEightの調査によると、ミレニアル世代は、大学卒業後に独り立ちを始めて最初のマイホームを買うまでに平均で12回引っ越しをするという。

引っ越しが多い若者にとって、家具の所有は悩みだ。家具を引っ越すたびに新調するのは費用がかかるだけでなく、引っ越しのために破棄することはゴミ問題にも少なからずつながっている。

その理由から、引っ越しが多い人は特に、自分の好きな家具を買ったり所有することが難しい。そんな人たちの悩みを解決してくれるのが、サブスクリプション型家具レンタルサービス「Feather」だ。

Featherでは、月額19ドルの会員料金を支払うことで、家具をレンタルできるだけでなく、毎年家具の交換サービス、ホワイトグローブサービスである家具の組み立て無料サービスが含まれている。

その便利さから、Featherの顧客層は25〜25歳のミレニアル世代で、自由に使える所得がある人が多い。家具レンタルといえば、家具を購入したり所有することができない人が使うサービスという固定概念もあったが、今では自由な働き方や生き方をするミレニアル世代を支える需要の高いサービスへと変わりつつある。