「規格外」と名付けられる、形の悪い野菜やフルーツ。食べられるにも関わらず、市場へ出荷できずそのまま廃棄されてしまう。そんな野菜やフルーツたちを救う定額制サブスクリプションサービス「Imperfect Foods」がある。

Imperfect Foodsでは、規格外の食材を市場価格より30%安価に、直接消費者に提供している。

食品ロスは世界中の問題で、特に米国内では40%もの食材が、市場に出されることなく廃棄されている。

この食品ロスは、環境への悪影響だけでなく、生産の非効率性も生んでいることは間違いない。需要と供給のミスマッチにより、ビジネス側そして消費者側にとって不利益を被っている可能性がある。

市場に出せない野菜やフルーツも、価格次第では欲しい消費者も存在する。そこでImperfect Foodsは、農家や食料品店と提携を結び、店頭に並べることができない食材を収集している。そしてこれらの食材を、会員の自宅まで直接届けている。

Imperfect Foodsの共同創業者であるBen Simon氏は、Imperfect Foodsのビジョンを「近隣のスーパーマーケットまで行って買い物するよりも安く購入できる、オンライン食品ショッピング」だと掲げている。

安価に食品を手に入れられるだけでなく、社会問題の解決にも貢献できることから、今後もビジネスの拡大に期待が高まる。