ネットフリックスなど家でゆっくり時間を過ごすトレンドがミレニアル世代で見られる中、お家で遊べる「ジグソーパズル」に目をつけたオーストラリア人夫妻が始めたサブスクリプションサービスが話題を呼んでいる。

Tantchev夫妻は、オーストラリア初の書籍サブスクリプションサービス「Bookabuy」を始めたことで知られ、今回新しく「ジグソーパズル」のサブスクリプションに足を踏み入れた。

「Puzzle Post」と呼ばれる本サービスでは、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年などの頻度から選ぶことができ、自分にあったレベルのジグソーパズルが自宅まで届く。(初心者は500ピースから始まり、中級者には1000ピース、上級者には1000ピース以上のパズルから選ぶことができる)

またパズルの絵も、風景だけでなくアート、庭園、車、食べ物&ドリンク、ファンタジーなど様々な種類がある。

ジグソーパズルは、月額39〜83ドルから利用が可能で、サブスクリプションの定額プランまたは単発プランから選ぶことができる。