音声認識を使ったゲームを開発する「Labworks」は、RLC Ventureが率いる投資ラウンドにて500,000ポンド(約6,800万円)の資金を獲得した。

2016年から音声ゲームを開発するLabworksでは、音声認識の「Amazon Alexa」や「Google Assistant」で使えるゲームをリリースしてきた。Labworksの名作には『Would You Rather』や『Trivia Hero』などがある。

Labworksのゲームは、月額0.99ドルでプレイができる定額制サブスクリプションサービスだ。

音声ゲームや音声アプリの開発と収益化は、特にアマゾンとグーグルによって促されている。その一環として、利用できる国のオプションを増やしたり、定額制サブスクリプションサービスを提供している。

音声ゲームは、まだまだ新しい形のゲーム。音声認識技術は、Microsoft Xbox や Sony PlayStation が今後リリースするゲームに組み込まれる予定。さらに「Google Stadia」のコントローラーにもGoogle Assistantと繋げた機能が付いており、今後音声認識を活用したゲームが出てくるのではと予想される。