メルセデス・ベンツは、2018年にサービスを開始した、定額制サブスクリプションサービス「メルセデス・ベンツ・コレクション」に新しいプランを追加することを発表した。

メルセデス・ベンツ・コレクションは、メルセデス・ベンツ車を購入(所有)することなく、定額制で乗り放題できるサービス。現在、テネシー州ナッシュビルとジョージア州アトランタにて限定的に提供されている。

新しく追加されるプランでは、Mercedes-AMGモデル11種類にアクセスが可能となる。しかし、従来の3種類のプランの中で一番料金の高いプランになるという。

現在、メルセデス・ベンツ・コレクションは、 「シグネチャ」「リザーブ」「プレミア」の3つのプランで構成されている。それぞれ料金は、月額1,095ドル、月額1,595ドル、月額2,995ドル。

月額料金以外に、初期費用として495ドルが必要になる。月額料金には、自動車保険、24時間365日のロードサイドサービス、車のメンテナンスも含まれる。

一方で4番目となる新しいプランは、月額3,595ドルから利用可能。料金がもっとも高い分、アクセスできる車種のグレードが最上級だ。乗車が可能なモデルには、G63 SUV、GTC Coupe、GT Roadster、GT63 4-Door Coupe、E63 S Wagonなどがある。

メルセデス・ベンツが自動車のサブスクリプションサービスを試験的に導入しはじめてから1年以上になるが、これまでにミレニアル世代を中心に人気を集めている。

月額制というシンプルな決済方法、いつでも好きな車種に乗り換えられる利便性、そして普段レンタルカーでは借りれないような高級車に乗れることが魅力となっているようだ。