マイクロソフト社では、すべてのソフトウェアを1つにまとめたクラウドサービスOffice 365を「Microsoft 365」に改称して、新サービスの展開を予定している。

その1つが、4月21日にローンチが予定されている「Microsoft 365 Personal」と「Microsoft 365 Family」プランである。

ファミリープランは最大6人までが登録可能。各プランの料金は、それぞれ月額6.99ドルと9.99ドルになる予定だ。現在のOffice 365の「Personal」と「Home」プランは、この新サービスに移行される。

Microsoft 365では、新しいプランだけでなく、新しい機能も追加される。例えば、「Microsoft Family Safety」アプリでは、ファミリープランに登録するメンバーの利用時間(スクリーンタイム)を見ることができる。利用時間がトラッキングできるデバイスには、Windowsデバイスだけでなく、アンドロイドデバイス、Xboxコントローラも含まれる。 

さらに、自動ロケーショントラッキング機能もついており、学校や勤務先への移動の様子を通知で受け取ることができる。

Excel(エクセル)やWord(ワード)などのオフィスソフトも、Microsoft 365ではパワーアップした機能が搭載される。

例えば、Word(ワード)では、「Editor for Word」と呼ばれる校正ツールが搭載される予定だ。このツールにより、文法やスペルチェックだけでなく、ライティングを向上させることを狙いとしたリライト機能が追加される。また、学生向けに正しい引用方法を教える、チェッカー機能も搭載される。

また、PowerPoint(パワーポイント)では、「Presenter Coach」と呼ばれる機能がついてくる。このサービスは、その名の通り、プレゼンの仕方をコーチングしてくれる。プレゼン練習をしながら、AIが改善点を指摘してくれる。

Excel(エクセル)では、個人の支出を管理しやすくなるよう、銀行やクレジットカードの取引データをインポートできる機能が搭載される。本機能は、まず米国にて利用可能になる予定だ。

そして、マイクロソフトの新しいブラウザー「Edge」では、ログイン情報などを管理して、個人情報やパスワードが漏洩していないかチェックできる「Password Monitor」機能も追加される予定だ。