米Microsoftが運営するゲームストリーミングサービス「Mixer」は、月額料金を5.99ドルから4.99ドルまで値下げをしたことを発表した。月額4.99ドルは、競合である「Twitch」の定額プランと同じ価格であることから、Mixerの値下げはTwitchを意識した価格変更だと考えることができる。

Mixerのサービスは、Twitchと比べると少しアナログなところがあり、チャンネル登録をするとチャンネル配信者限定の顔文字である「イーモート」、登録者であることがわかる自分の名前がついた「バッジ」をGETすることができる。しかし今回の値下げが、チャンネル配信者やパートナーの売上にどう影響するのかは不明である。

一方でTwitchでは、合計で4タイプの定額プランから選ぶことができる。「Twitch Prime」では、1チャンネルを無料で1ヶ月間登録ができ、残りの定額プランは価格がそれぞれ高めになるもののチャンネル限定の「イーモート」を入手できるなど、魅力的な特典がついている。

今回の価格変更がMixerにどのような有利性をもたらすのか今後も目が離せない。