音楽ストリーミングサービスの売上が最高記録を出している。RIAAのレポートによると、2019年に音楽ストリーミングサービスの売上が20%伸びており、音楽業界の全体売上の79.5%を占めている。

ここでの「音楽ストリーミングサービス」には、Vevo や YouTube などの広告つきサービス、Spotify や Apple Music のような有料プレミアムプランサービス、そして Pandora や SiriusXM などのラジオサービスが含まれている。

同レポートによると、2019年の音楽ストリーミングサービス市場は、2年前の米国レコード音楽市場の規模を超えているという。

中でも、定額制(サブスクリプション)サービスが2019年の売上の伸びに大きく貢献しており、売上は前年比25%伸びた68億ドルに達している。この売上には、「Pandora Plus」や「Amazon Prime Music」などの、広告なし有料プレミアムサービスも含まれている。

この売上の伸びは、有料サービスに加入している人が増えている証拠だ。2019年には、有料プレミアムサービスの売上が前年比29%伸びた604億ドルに達しているという。

広告つきサービスの売上は、前年比20%伸びた約9億ドルで、音楽業界の全体売上の8%を占めている。一方で、ラジオサービスの売上は4%の減少を見せている。

音楽ストリーミングサービスが人気度を増す中、音楽ダウンロードサイトの売上は減っている。2019年には、売上が2006年以来初めて10億ドルを下回った。

CDやアナログレコード(Vinyl)などの売上は、2019年に0.6%の減りを見せ11.5億ドルとなっている。CDやアナログレコードの売上は、音楽業界の全体売上の4.5%を占めるほど縮小している。