米国のレコード音楽売上が、Spotifyやアップル、アマゾンなどの音楽サブスクリプションサービスにより54億ドル(約5,770億円)まで成長しており、18%の増加を見せている。

アメリカレコード協会によると、音楽サブスクリプションサービスは毎月100万人以上の人が登録をするほど人気を見せており、有料会員数は2019年の第一半期終わりまでに6,100万人まで増えている。

これまで低迷を見せていた米国の音楽業界は、2018年で3年連続で売上成長を見せている。

米国の音楽サブスクリプション (広告つき無料プランと有料プランを含む)の売上は43億ドルで26%の増加を見せており、音楽業界の全体売上の80%を占めている。

特に音楽サブスクリプションの有料プランの売上は33億ドルで31%の増加を見せており、音楽業界の全体売上の62%を占めている。またSpotifyなどの広告つき音楽サブスクリプション売上は約4.2億ドルで、前年比で25%増加している。

CDなどの物理的な商品の売上が減少を見せている理由として、デジタル上では音楽を安価に購入またはアクセスができることが挙げられる。シングル曲は0.99〜1.29ドルで、アルバム曲は10〜15ドルで購入が可能で、サブスクリプションサービスであれば約10ドルで無制限に幅広いセレクションの音楽にアクセスができる。