ケーブルTV放送「NBA TV」では、ネット視聴者向けにD2Cビジネスモデルである、定額制動画配信サービスを11月5日から開始した。NBAの公式ホームページ(NBA.com)と公式アプリからアクセスが可能で、100以上のライブ試合やオリジナルプログラム、オンデマンドビデオを月額6.99ドル(年間プラン59.99ドル)で閲覧することができる。

NBAは、Turner Sportsと共同して運営するNBA Digitalにて、新たなフランチャイズ「Center Court」をリリースし、新しいカメラのアングル、セレブインフルエンサーのオンスクリーンチャット、詳細分析データや統計グラフィックなどを含めた、視聴体験を向上させるための実験を行う。Center Courtの配信は、2019〜2020年にかけてのシーズン期間中に利用が可能だという。

Center Courtに加え、NBA TVは100以上の試合と、WNBA、NBA Gリーグ、LNBA サマーリーグもライブ配信される。さらに「The List」「#Handles」「Say What」「High Tops」「Basketball Stories」などソーシャルなやりとりやレジェンド、現役のプレイヤーにフォーカスした新しい番組にもアクセスが可能になる。そして、過去の試合や2000〜2019年のNBAファイナル、その他のアーカイブコンテンツも24時間いつでも閲覧できる。

しかし、ブラックアウト規制を理由に、NBAファンの中には有料ケーブルTV放送を使う必要があったり、友達のログイン情報を借りる人、VPNを使って閲覧する人もいる。NBA TVはこの問題を解決できないかもしれないが、新しい動画配信サービスによりファンは試合やNBAのコンテンツをもっと視聴しやすくなるであろう。