英フードデリバリー「Deliveroo」から、サービス手数料が翌月から変更することが発表された。今回のサービス手数料の値上げは、デリバリーの距離に応じて手数料を変動させる ”ダイナミック・プライシング” を導入する狙いがある。

2月から、Deliveroo Plusの使い放題サブスクリプションプラン会員だけでなく、会員以外もこの値上げの対象となる。

このサブスクリプションプラン「Deliveroo Plus」は、Deliverooのヘビーユーザー用に2年前にローンチされたサービスで、月額7.99ポンドで無制限の無料デリバリーを受けることができる。(月額料金は値上げがされ、現在は11.49ポンド)

Plus会員は、毎回のデリバリーに49ペンスが追加されるようになる。これは、月額料金の上に加算されるようになる。

Deliverooの競合である「Uber Eats」でも、同じようにデリバリー距離に応じたダイナミック・プライシングをすでに採用している。

Deliverooでは、今回のサービス手数料追加について、加盟レストランの充実、サービスの向上、24時間のカスタマーサポートの提供にあてられるとしている。