Digital TV Researchによると、西ヨーロッパでの定額制動画配信サービス(サブスクリプション)の登録者数が2024年までに、約1.3億人まで増加することを予測した。この数は、2018年の終わりの約6,500万人の2倍の数である。

2019年だけで、1,300万人の登録者が増える予測で、同じ数の登録者数が2020年にも追加されると考えられている。

2024年までには、一世帯あたりが登録する定額制動画配信サービスの数は、平均で1.71で、2018年の1.42よりも高くなる予測である。テレビ所有者世帯では、2024年までに43.4%の人が少なくとも定額制動画配信サービス1つに契約をしており、2018年の26.3%よりも高まる予測である。

このサービスの普及率は、ノルウェーで3分の2に達することが予測されているが、イタリアでは30%以下となる予測である。

特に、ディズニーから新しく登場する「Disney+」が、西ヨーロッパの定額制動画配信サービス市場に大きく影響すると予測されている。2024年までにはその数は約1,900万人に到達し、Amazonプライムビデオに追いつく数になると考えられる。