米Nikeが、キッズ用スニーカーのサブスクリプションサービス「Nike Adventure Club」を発表した。

毎月一定額を支払うことで、定期的にスニーカーを受け取れるこのサービスは、約2〜10歳を対象にサイズ4C〜7Yを提供しており、年4回の受け取りプランは月額20ドル、半年に一回は30ドル、毎月であれば50ドルで利用が可能。子供用スニーカーの平均価格が、大体60ドルであることを考慮すると、サブスクリプションを使うことで10ドルほど安くスニーカーを購入できる。

子供の成長は早く、靴のサイズもすぐに変わってしまうことを考えると、本サービスは保護者にとって時間とお金を節約できる便利なサービスである。

「Nike Adventure Club」のサイトからは、コンバースなど100種類以上のスニーカーから選ぶことができ、届く箱の横には子供の名前が記載されるほか、保護者と一緒に楽しめるアウトドアゲームやアクティビティが紹介されたガイドブックも付属している。

米Nikeでは、サブスクリプション型サービスを、Facebook広告を通して1万人近くの人を対象に数年間テストを行なっていた。そこでの経験は、Nikeが保護者のニーズを掴むのに役立ったという。サブスクリプション型サービスは、靴を頻繁に履き潰してしまうランナーなどを対象にも、今後プランの拡大を予定している。