ローンチから1年にして、Nintendo Switchから「Nintendo Switch Online」が遂に登場した。今年の9月からサービス開始Nintendo Switch Onlineでは、プレイステーションやエックスボックスと接続が可能で、オンラインでの対戦も可能になる。このNintendo Switch Onlineはサブスクリプション会員制で、下記のような様々な会員特典を提供している。

個人プランまたはファミリープランから選べる

Nintendo Switch Onlineは2つの料金プランがあり、個人プランとファミリープランから構成される。個人プランは1アカウントでの使用だが、ファミリープランになると最大8アカウントまで作ることができる。

個人プランでは、1ヶ月300円、3ヶ月800円、12ヶ月2,400円と、長期間で契約をしたほうがお得になる。ファミリープランでは12ヶ月で4,500円なため、2人以上で使う場合にはファミリープランの方が断然お得である。

オンライン対戦には会員登録が必要

Nintendo Switch Online登場前までは、『スプラトゥーン2』や『マリオカート8』などでオンライン対戦が可能であったが、今後はSwitch Onlineの加入者でなければ、任天堂から出されるソフトのオンライン対戦に接続ができなくなる。

ただ、フォートナイトだけ、未加入の人でもオンライン対戦は可能である。

仲間とボイスチャットができる、スマートフォンアプリ

オンライン対戦中に仲間とチャットしたい場合には、Nintendo Switch Online専用スマートフォン向けアプリが必要になる。対戦中に、スマートフォンを近くにおいて、仲間と気軽にボイスチャットが出来る。

同様に、フォートナイトだけはアプリ不要で使用が可能である。

クラウドで自動データセーブ

Switchのこれまでの痛手は、コントロールが停止してしまうとセーブが勝手にされず、せっかくのデータを失うことであった。だがNintendo Switch Online加入者であれば、これからは自動的にインターネットを通じてデータが保存されるようになり、万一の場合でも、セーブデータをいつでもどの本体にでもダウンロードすることができる。

だが、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』や『スプラトゥーン2』など、ゲームの特性上クラウド自動保存ができないソフトもある。

ファミコンゲーム集の種類が豊富

往年のファミコンソフトが遊べる新機能「ファミリーコンピュータ」に、加入者はアクセスできるようになる。最初の段階で20タイトルがリリースされていたが、その後も多くのタイトルを追加されており、中には複数プレイヤーと協力対戦できるものや、オンライン対戦ができるものもある。

また、プレイするにはオンライン環境が必要だが、ソフトをダウンロードすれば気軽にオフラインで一気に7日間プレイすることもできる。

当時のままのプレイ感…ファミコンコントローラ購入可能

従来のファミコンコントローラを使ってファミコンゲームを楽しみたい人に向けて、加入者であれば5,980円+税で購入が可能である。当時のプレイ感を楽しみたい人には、朗報である。