ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)は、デジタル定期購読会員の維持と解約率減少のために、有料会員限定コンテンツへのアクセスに対して大きなテストを実施することを発表した。

CEOのマーク・トンプソンによると、ニューヨーク・タイムズは今四半期に300万人を超える定期購読会員を獲得し、現在合計で購読者数は400万人にのぼる。これは2016年のトランプ大統領選以来の大きな購読者獲得数である。

この成長はプロモーションだけでなく無料閲覧回数の調整からくるものだという。ニューヨーク・タイムズは1週間1ドルで6週間有料会員コンテンツアクセス可能のプロモーションを行い、それが購読者数増加に貢献した。また、無料閲覧回数を1ヶ月4回から5回にも変え、無料でコンテンツを読める機会を増やしている。

今後2019年に差し掛かる第四四半期に向けて、料金設定、無料閲覧回数、登録方法、ログインなどでテストも行う。これは、無料閲覧回数の違いがどれくらい購読獲得率に貢献し、会員のライフタイムバリュー(LTV)を改善するかを調べる目的である。

参照 New York Times Co. 10Qs

ニューヨーク・タイムズは、カスタマービジネスやデジタル購読おいて成功を収める数少ない出版社であり、今では売上の3分の2はこのデジタル定期購読からきている。

ジャーナル誌の会員登録分野の部長カール・ウェルスによると、このテストにより購読見込み客が購買プロセスのどの場所に立っていて、どういう状況下で登録しやすいかなどを知ることができると述べている。この無料閲覧回数が、購読獲得率に大きく貢献するからである。

「この数十年で、無料閲覧回数のちょっとした違いが大きく影響するようになった。一つのスタイルを全てに応用はできなくなってきている。料金や、どんなコンテンツをどれくらい読んでいるかによって購読獲得率がどう変わるかをテストしていかなければならない。」