米ベーカリーチェーン「Panera Bread(パネラ・ブレッド)」は、月額8.99ドルのドリンク(コーヒー・紅茶)飲み放題サービスを開始した。

月額制にすることで、毎朝のコーヒー・紅茶を、パネラ・ブレッドで楽しみやすくする狙いだ。

同様サービスは、様々なレストランチェーン店で展開されている。例えば、Burger King (バーガーキング)では昨年に、月額5ドルのコーヒー飲み放題のサブスクリプションサービスを始めている。

これは、マクドナルドに対抗して、朝食や朝のドリンクで訪れる人たちをターゲットにしたもの。

パネラ・ブレッドのCEOであるNiren Chaudhary(ニレン・チャウダリー)氏によると、飲み放題サービスを試験的に導入したエリアでは、サービス登録者の月間利用者数が4人から10人以上に増えている。同時にサービス登録者間の、サンドイッチなどの食事の売上も70%増えたという。

サービス登録者の約4分の1は、従来のパネラ・ブレッド会員プログラムに所属していない、新規利用者だという。