有料テレビ(Pay-TV)と有料ビデオ・オン・デマンド(VOD)サービス両方の売上が、ドイツ、オーストリア、そしてスイスにて前年比14%の伸びを見せている。

2018年の売上は40億ユーロ(約4,800億円)で、2019年には13%の増加により45億ユーロまで達する見込みである。ドイツ単体では、2018年の合計売上は35億ユーロで、2019年には40億ユーロまで伸びる見込みだ。

ドイツ語圏の国では、有料テレビの契約者が2018年には880万人に伸びており、ドイツ単体では780万人である。2019年には契約者数が約900万人まで伸びることが予想されており、ドイツ単体では790万人となる予想だ。

テレビコンテンツにお金を支払ってでもみたい人が増えている中、テレビ・ストリーミング業界は今後も需要が伸びていくだろう。