ニューヨーク発自宅でできるサイクルエクササイズで知られる「Peloton」が、新規公開株(IPO)によりNASDAQに上場した。上場により、5億ドルを調達する狙いである。

「Peloton」では、2019年6月末時点で、9.1億ドルの売上を出しており、2017〜2018年と比べると110%の成長を見せている。また会員数は現在、140万人を超えている。

会員は、「Peloton」の定額制サービスに登録することで、動画やライブ配信などのエクササイズコンテンツにアクセスができる。月額料金は39ドルだ。ハードウェア商品を単体は、1つ2,200〜4,295ドルで購入が可能。

この定額制サービス(サブスクリプション)による売上は、2019年度では約1.8億ドルとしており、昨年と比べると8,000万ドルの増加である。

2012年に設立された「Peloton」では、昨年のベンチャーキャピタル投資ファンドにて約5.5億ドルを調達しているなど、自宅でできるエクササイズを提供するサービスとして注目を浴びている。