教科書サブスクリプションサービスを提供する「Perlego」は、シリーズAにて900万ドル(約9億7800万円)を調達することに成功した。

今回の投資ラウンドは、Charlie Songhurst(チャーリー・ソンハースト)氏、Thomas Leysen(トーマス・レイセン)氏が率いっており、Perlegoの既存投資家であるSimon Franks(サイモン・フランクス)氏、Alex Chesterman(アレックス・チェスターマン)氏による投資も行われた。

ロンドンを拠点とするPerlegoでは、今回調達した資金で次世代の「スマート学習プラットフォーム」の開発に使うとしている。このプラットフォームには、学習体験をよりシンプルかつ高度なものにする新機能が搭載され、多言語のコンテンツを増やすことで英国を超えてヨーロッパ全体にサービスを拡大することを狙いとしている。

「教科書版 Spotify」と題してPerlegoでは、学生や教職員向けにサブスクリプション型の教科書アクセスし放題サービスを提供。サービスの利用者の30%が、学生と教職員が占めている。

2,300社以上の出版社の電子書籍を30万冊取り揃えており、ウェブサイトやアプリ (iOS/Android) など様々なデバイスにも対応している。さらに多言語にも対応しており、英国の出版社だけでなく、ドイツや北欧、イタリアなどの国々の大手出版会社のコンテンツも取り扱っている。

特に教科書が値上がりしており、図書館でも本が足りないなど教科書問題が英国の学生を苦しめている。その問題を解決するため、Perlegoでは月額12ポンドで電子教科書へのアクセスを提供している。クラスに必要な教科書にアクセスができれば、大幅に教科書代を節約することができる。

また出版社にとっても、違法コピーや中古教科書の使い回しによる売上被害を防ぐことができるということで、出版社にとってもメリットが多いサービスとなっている。Pearson、Wiley、SAGEなどの出版社はすでにPerlegoにコンテンツ提供を行っており、新規購読者は月に116%増えているとしている。