ポッドキャストアプリとして知られる「Pocket Casts」が、新しく定額制サブスクリプションサービスを展開している。

従来は、アプリのダウンロードに端末によって4~10ドルかかっていたところを、今後無料でダウンロードが可能になり、プレミアムサービスに月額0.99ドルまたは年間10ドルで利用ができるようになる。

「Pocket Casts Plus」と呼ばれる定額制サービスでは、デスクトップアプリへのアクセス、限定アプリアイコンとテーマの利用、そして10GB分のクラウド保存が可能となる。

今回の定額制へのシフトは、安定した収益化だけでなく、アプリダウンロードを無料化することにより出来るだけ多くの人にアクセスの機会を設けることを狙いとしている。しかし実際にプレミアムサービスへの登録が少なく、売上の減少に繋がった場合の対策については、今後明らかにするとしている。

iOSではAppleのポッドキャストアプリが知られるが、Android端末の中では「Pocket Casts」がシェアNo.1のアプリの一つである。しかし、SpotifyやGoogleがポッドキャストプラットフォームの市場に参入するに従い、「Pocket Casts」のように有料アプリとしてポッドキャストアプリを提供するのは、今後試練も多くなると考えられる。