スペイン国内のプロサッカーチームである「レアル・マドリードCF」では、月額2.49ユーロ(2.77米ドル)のサブスクリプションサービスをFacebook上でローンチしたことを発表した。レアル・マドリードは本サービスを展開することで、Facebookページ上で保持する登録者1億1000万人のファンを会員化することで収益化を目指す。

「Madridista Nation」と呼ばれる新サービスでは、会員はラ・リーガ (La Liga)の冠をFacebookのプロフィール画像やコメント欄でスタンプとして使うことができる。さらに会員は、レアル・マドリード独自のコンテンツにアクセスすることができ、それ以外にクラブが提供するプロモーションを入手したり、ファンのためのプライベート・ディスカッショングループにも招待されるなど特典が満載。

FCバルセロナでは、すでに今年の9月に同様のサービスを開始している。しかし料金はレアル・マドリードCFよりも高めである。

現在、レアル・マドリードCFはスペインのサッカーリーグにて、FCバルセロナの次の2位の座である。