米国リーガル・シネマ(Regal Cinemas)から、無制限に映画を映画館で見ることができる、新しいサブスクリプションサービスが発表された。本プランは、映画館の場所により、価格が月額18ドル〜23.50ドルと異なり、1週間以内にはローンチ予定である。

映画好きの人で、ロサンゼルスやニューヨークに住む人たちは、「Regal Unlimited All Access」プランに登録をして、本プラン対象の映画館を探して利用することが可能。映画チケットの予約など、本プランは「Regal Cinemas」アプリからアクセスができる。

チケットを予約するたびに、手数料として毎回0.50ドルが必要であり、4DX、IMAX、3D、映画マラソン、2本仕立て映画など特別なタイプの映画には追加料金が発生する。一方で、連続で使うことで割引が適用されたり、このプランが利用できない日はないなど、以前市場を賑わせた「MoviePass」サービスの課題をすべてクリアしたサービスとなっている。

映画館で映画見放題のサブスクリプションを最初に初めて、失敗に終わった「MoviePass」のサービスが停止されて以来、AMCの「Stubs A-List」やCinemarkの「Movie Club」など多くの映画館チェーンがサブスクリプションに乗り出している。リーガル・シネマが今回市場に参加したことで、競争が今後激化していくことが予想される。