トロントを拠点とするスタートアップ会社「Rover(ローバー)」が、駐車場ビジネスにサブスクリプション型サービスを提供することを発表した。

Roverは、使われていない駐車場をもつオーナーと、駐車場を探すドライバーを結びつけるサービスを提供している会社で、駐車場の稼働率を高めることで収益を上げられると、多くの駐車場オーナーたちの間で話題のサービスである。

Roverではこれまで、オンデマンド形式で駐車場スペースを提供してきたが、今年の夏からは月額方式であるサブスクリプションを試す動きに出た。様々な月額プランを試す意向を見せているRoverは、割安の価格帯、事前予約、プレミアムカスタマーサービスなどの特典をサブスクリプション登録者に提供する予定である。

サブスクリプションの料金体系は、現段階で5ドル〜15ドルと予測されている。Roverはこの新サービスを拠点のトロント、そしてモントリオール、オタワで試験的に行うとしており、その後はカナダの西海岸、そして将来的にはカリフォルニア州までにサービスを拡大したいとしている。

配車アプリであるUberが、これまでのビジネスからフードデリバリー、自転車、電動スクーターを1つにしたセットプランにシフトしたことも、Roverにとってオンデマンド形式から「サブスクリプション型ビジネス」に目を向けるきっかけになったという。